スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの夢を応援するための貯まる!家計入門

AERA with Baby 2012年12月号を読みました。


メイン特集は「子育ての壁、こう乗り越える」でしたが、息子と月齢の近いケースが少なくあまり気になるテーマがありませんでした。
唯一気になる夜泣き対策は「そういうものだと思ってのりこえるしかない」。まあそうだろうとは思いますが、参考にはなりませんね
イヤイヤ期のことに関してはまだわからないので、大変なんだろうと思いつつ流し読みしました。

このため、私のお目当て記事は「子どもの夢を応援するための貯まる!家計入門」。
子どもが14歳になるまでに、国公立なら300万円、私文なら400万円、私立理系なら500万円が目標貯蓄額だそうです。
ただ私自身が私立の中高一貫校出身で、とても楽しい中高生活を送り、私学にいかせてもらったことをとても感謝しているので、もしも息子が行きたいというのならかなえてあげたいです。
そうなると学費のための貯蓄はさらに多く必要となります。

ケーススタディでやはり「中学から私学にいかせたい」という家庭がありましたが、月々8万円、ボーナス月14万4千円の貯蓄を勧められていました。12年間で1300万円超の貯蓄となり、2人目が生まれても進学させることができるめどが立つそうです。
現在息子用には月3万円+児童手当のみの積立なので、2人目の可能性を考えたらもう少し増やした方がいいのかなあと、思いました。

具体的な貯蓄の方法としては下記のような3ステップが書いてあります。

STEP1. 貯蓄の目標をたてる
1)目標額
2)現在の貯蓄額
3)あといくら必要か
4)何年間で必要になるのか
5)年間の貯蓄目標額 3)÷4)で計算
6)毎月の貯蓄額とボーナスでの貯蓄額を決める

STEP2. 毎月家計簿をつける
(一応家計簿の付け方の目安も書いてありましたが、このあたりは付け方の個人差が大きいと思うので割愛します)

STEP3. ふりかえり
1)ボーナスの貯蓄額のチェック(半年ごと)
2)毎月の貯蓄額のチェック(月末)
3)1年間での貯蓄額のチェック(1年ごと)

わが家は家計簿はつけているものの、教育費の目標額があいまいなこと、現時点で今年の収入の予想ができないことから、貯蓄額の目標を決めることができていません。来年からはある程度は目標額を定めて行きたいと思いました。

その他にもいくつか気になる記事がありました。

「子どものモノ手作りレッスン帖」で紹介されていた、緑の布に飾りをつけて下げる布のクリスマスツリーは、息子は揺れるカーテンが大好きなので、ちょっと気になります。来年あたり試してみようかと思いました。

「子育てが楽しくなる家の条件」は、下記の5つ。
1)いつも安全(セーフティグッズを使うことより、大人の目がいつも子供に届くこと)
2)片付けが楽(物の置き場所を決める)
3)動きやすい(動線を意識する)
4)風が通る(湿気対策をする)
5)自然を感じる(マンションのベランダでも季節野菜を育てるなど)
1)の安全対策、狭い我が家ではいつでも息子と一緒なので、心がけていきたいと思います。

「親子での雪遊び」では、3歳からの雪山遠足、親子スキーレッスンなどのアクティビティのあるリゾナーレ八ケ岳に興味をひかれ、もう少し息子が大きくなったら調べ直してみようと思います。

プレゼントコーナーで気になったのは「ベビーダンス~抱っこで楽しく産後エクササイズどうよう編」。ヨガは通っていますが、有酸素運動が足りないなあと常々思っていたのと、息子を抱っこしたままできるというところで、心ひかれました。
アマゾンのレビュー曰く、赤ちゃんが寝るそうで、ますます気になってしまいました。

思いのほか(プレゼントページまで!)結構気になる記事が多く楽しめました。


つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://ruchicafinance.blog133.fc2.com/tb.php/160-6c326a74

Comment

かじゅ☆まる | URL | 2013.02.21 14:13
記事のメインの話とずれますが、、、私も子どもが私学を希望したら行かせたいなと思っています^^私自身は中高は公立だったのですが、なんだか合わなかったんですよね(汗)。といっても出身は田舎の方なので、私立の進学校とかもなくって・・・選択肢がなかったのですが。。。
大学で家を出たら、価値観の合う友人と自然にたくさん出会えて、とてもよかったです。主人も私立で育っていて、学生生活はとても楽しかったみたいです。学生時代の経験は、本人の財産にもなるので、希望する教育は与えてあげたいなぁと思います。
チッチョ | URL | 2013.02.21 15:07 | Edit
>かじゅ☆まるさん
節約本なんかを見ると大概高校までは公立で!とか書いてあって、節約ブログでは書きにくいなあと思いながら書いたので、かじゅ☆まるさんも同意見だなんてうれしいです。
ただ無理やりお受験ママになってまで入れるのには抵抗があり(そういう入り方では本人の身にならない気もしますし)、息子次第と思っていますが…。できれば本人が希望してくれたらなあと祈っています。
みるくなっつん | URL | 2013.02.21 15:58
うちも具体的に教育費の目標額なんかないので

ちゃんと考えないといけないなぁーと思いました。

なんか子供が小さいので、まだまだ時間は

あるさーとのんきに思っていましたが、反省です

ね。。。。
チッチョ | URL | 2013.02.22 14:04
>みるくなっつんさん
わがやもこれくらいでいいかな〜とどんぶり勘定で積み立てていましたが、具体的な額を決めて積立てした方がいいのかもしれませんね。でも月8万円は無理です…。
| | 2013.02.22 21:58
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment Form
公開設定

プロフィール

チッチョ

Author:チッチョ
30代半ばのチッチョと、40歳の夫、2012年夏に生まれた息子の三人暮らし。4月半ばから仕事復帰でばたばたしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。