スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の読書

サイダーハウスルール /ジョン・アーヴィング
妊娠前はすごく好きだった本です。
妊娠・出産後、物語の本質と関係なく、子供が親をなくしたり、親が子供を捨てたり、中絶したりするエピソードのある本が読めなくなっていました。そろそろ読めるかなと読んでみましたが、すごく疲れました。
また昔にように夢中になって読めなかったことにも少し悲しくなりました。
私にとっての読書はあくまで娯楽なので、しばらくは楽に読める本を読んでいこうかと思います。


つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーサイト

叱らないしつけ

叱らないしつけ(親野 智可等 )を読みました。


この本を読むまで、叱らないしつけって甘やかすことなんだと思っていました。
でもこの本の趣旨は違いました。
著者の言う「叱る」というのは親が感情的になって叱りつけること。
冷静な指示、指導、指摘、注意、命令などは含まれません。

親が感情的に叱りつけると、こどもから親への評価が下がり、一言に重みがなくなること、こどもは自主性をなくし萎縮してしまうこと、親がこどもを見るときに叱ってばかりいると悪い点ばかりが気になってしまい長所がみえなくなること、などデメリットが多いそうです。
このため叱ってしまわないようシステム作りをすること、こどもの人格を否定するような言い方をせず、ほめるときは積極的にほめることが推奨されていました。

またしつけで大事な5つのこととして
1.厳しさ(継続性、一貫性、身を以て示すこと) 
…親が自分自身にきびしくということですね
2.冷静になり、原因を調べて具体的な手だてを講じる
…早起きが苦手なら、日中外でしっかり遊んで就寝時間を早める、など
3.趣旨や理由を正しく述べる
…○○さんに叱られるからダメよ、というような言い方をしない
4.子育ての初心に返る
…赤ちゃんのときは全面的にこどもを受け入れていたはず、肩の力を抜いてリラックスして
5.親が楽になればこどもが幸せになる
…親がストレスをためていると、こどもがしたことよりも親の心理的な理由でこどもを叱ってしまう。ストレスをためないこと、自分自身の育った上でのトラウマと和解すること

この本を読むまでは、あんまり甘やかしすぎるのもよくないだろうし、叱らない子育てってどうなんだろう?と思っていましたが、「感情で叱りつけずに、冷静に注意して、失敗を繰り返さないようなシステム作りをする」ということは大切なことだと思います。
ひとつこの本も問題点を挙げるとすれば、仕事では冷静に対処できることでも、家に帰ると、つい甘えてしまって感情的になってしまう私には実行が難しいことも多いかだろうということです。
(これが完璧にできれば、夫婦喧嘩もなくなるはず!)
また何度言ってもできないことは、できないままに受け入れて、その子の長所を見る、というのも、教師として仕事の上ならできるのかもしれませんが(著者は小学校の先生だそうです)、自分のこどもに対しては少しハードルが高いように思いました。
まあ、親だからといって完璧に全能でなければならないということはないでしょうし、できる限り心に留めながら、できることをしていくしかないですね


つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

1週間分の献立作り

今まで献立はせいぜい3日分くらいしか考えたことがありませんでした。途中で作るのが面倒になって予定を変更することもあれば、夫が仕事が早く終わると急に外食しようということもあればで、1週間分の献立を立てて実行するなんて自分には難しいのではないかと思っていました。
それでも最近は一応復職後のことも考えて1週間分の献立を考えてみるようにしています。

1)和食 魚系
2)洋食
3)和食 お肉系(肉じゃがや筑前煮など)
4)中華(餃子やシュウマイ+エビチリや麻婆豆腐、青椒肉絲など)
5)煮込み系(おでん、シチュー、カレーなど)
だいたい上記の5種類の献立を考えておき、週1回外食をするので、あと1日は残り物で適当に作るように心がけています。お刺身のみは食べる当日に購入しています。曜日は特に決めていないんですが、余裕のある週の初めにての込んだ献立、疲れてしまった日には手のかからないもの(お刺身になることが多いです)などその日の様子で決めています。

・筑前煮や肉じゃがはよそのお宅では副菜かもしれませんが、副菜に納豆を足すことでタンパク質を補い、主菜扱いにさせてもらっています。
・餃子やシュウマイは以前は時間のある時に手作りして冷凍していましたが、今はなかなか実行できず、オイシックスやオーガニックスーパーなど可能な範囲で信用のおけそうな既製品の購入も今後は検討しています。
(夫が中華大好きなので、中華を作らないという選択肢は難しくて…)

ただ最近は自分が風邪を引いたり、息子が発熱したりで、なかなか予定通りに作れないことも多かったです。あくまで予定は予定、実行できなくてもイライラしないように、献立作りは自分を楽にするためのものであって自分を縛るためのものではないこと、心にとめておきたいとおもいます。(そうしないとすぐにいらいらしてしまうので


つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

おむつの値段を考えてみました

実は最近までおむつの値段ってあんまり意識したことがなく、産院でもらったパンパースとメリーズのうち、触り心地が気に入ったメリーズをずっと使っていました。
ただ最近息子の寝返りが激しく、ちょっとパンツタイプを使ってみようかと思ったんですが…アマゾンの画面に表示された値段に、メリーズって高くない?とびっくりしてしまいました。新生児サイズだと13、4円くらいだったと思うので、それと比べて高く感じてしまったのかもしれませんが…。

気になったので、近所のイオンと、アマゾンファミリーでおむつの値段比較をしてみました。すべて1枚あたりの価格で、イオンの左側が通常価格、右側がお客様感謝デーでの価格です。アマゾンは定期購入での価格です。
赤ちゃん量販店やドラッグストアではもう少し低価格で出ているのかもしれませんが、日常で私が続けて購入できる2店舗のみのチェックです。

イオン

アマゾン

マミーポコ

15.9円→15

17

ムーニー

20円→19.3

21

メリーズ

22円→21

20

パンパース

19.8円→18.6

18

ほか

15.9円→15PB商品)

17.6円(グーン)


PB商品、マミーポコなど低価格目のものはイオンが安く、ほぼ15円程度です。
一方ムーニー、メリーズ、パンパースはアマゾンの定期購入の方が安いようです。

子育ての先輩である友人に聞くと「やっぱり○○じゃないと!」のこだわり派と、「結局かぶれなければどれでもいいよね」のお得派とわかれています。
安いとどう違うのかな…と口コミを調べてみると「低価格帯のものは、長時間持たず、漏れることがある」とのこと。夜間6時間以上眠り、ときおりメリーズでも漏れてしまう息子にはちょっと心配かな~と思いました。
たぶん低価格帯のものに変えると年間数千円は変わってきそうですが、漏れやすいのを買って、結局使わなかったらかえってもったいないので、次回の購入時には評判のいいムーニー、メリーズ、パンパースのうちアマゾンファミリーで比較的お得なパンパースを一度試してみるのもいいのかも、と思いました。

つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

子どもの夢を応援するための貯まる!家計入門

AERA with Baby 2012年12月号を読みました。


メイン特集は「子育ての壁、こう乗り越える」でしたが、息子と月齢の近いケースが少なくあまり気になるテーマがありませんでした。
唯一気になる夜泣き対策は「そういうものだと思ってのりこえるしかない」。まあそうだろうとは思いますが、参考にはなりませんね
イヤイヤ期のことに関してはまだわからないので、大変なんだろうと思いつつ流し読みしました。

このため、私のお目当て記事は「子どもの夢を応援するための貯まる!家計入門」。
子どもが14歳になるまでに、国公立なら300万円、私文なら400万円、私立理系なら500万円が目標貯蓄額だそうです。
ただ私自身が私立の中高一貫校出身で、とても楽しい中高生活を送り、私学にいかせてもらったことをとても感謝しているので、もしも息子が行きたいというのならかなえてあげたいです。
そうなると学費のための貯蓄はさらに多く必要となります。

ケーススタディでやはり「中学から私学にいかせたい」という家庭がありましたが、月々8万円、ボーナス月14万4千円の貯蓄を勧められていました。12年間で1300万円超の貯蓄となり、2人目が生まれても進学させることができるめどが立つそうです。
現在息子用には月3万円+児童手当のみの積立なので、2人目の可能性を考えたらもう少し増やした方がいいのかなあと、思いました。

具体的な貯蓄の方法としては下記のような3ステップが書いてあります。

STEP1. 貯蓄の目標をたてる
1)目標額
2)現在の貯蓄額
3)あといくら必要か
4)何年間で必要になるのか
5)年間の貯蓄目標額 3)÷4)で計算
6)毎月の貯蓄額とボーナスでの貯蓄額を決める

STEP2. 毎月家計簿をつける
(一応家計簿の付け方の目安も書いてありましたが、このあたりは付け方の個人差が大きいと思うので割愛します)

STEP3. ふりかえり
1)ボーナスの貯蓄額のチェック(半年ごと)
2)毎月の貯蓄額のチェック(月末)
3)1年間での貯蓄額のチェック(1年ごと)

わが家は家計簿はつけているものの、教育費の目標額があいまいなこと、現時点で今年の収入の予想ができないことから、貯蓄額の目標を決めることができていません。来年からはある程度は目標額を定めて行きたいと思いました。

その他にもいくつか気になる記事がありました。

「子どものモノ手作りレッスン帖」で紹介されていた、緑の布に飾りをつけて下げる布のクリスマスツリーは、息子は揺れるカーテンが大好きなので、ちょっと気になります。来年あたり試してみようかと思いました。

「子育てが楽しくなる家の条件」は、下記の5つ。
1)いつも安全(セーフティグッズを使うことより、大人の目がいつも子供に届くこと)
2)片付けが楽(物の置き場所を決める)
3)動きやすい(動線を意識する)
4)風が通る(湿気対策をする)
5)自然を感じる(マンションのベランダでも季節野菜を育てるなど)
1)の安全対策、狭い我が家ではいつでも息子と一緒なので、心がけていきたいと思います。

「親子での雪遊び」では、3歳からの雪山遠足、親子スキーレッスンなどのアクティビティのあるリゾナーレ八ケ岳に興味をひかれ、もう少し息子が大きくなったら調べ直してみようと思います。

プレゼントコーナーで気になったのは「ベビーダンス~抱っこで楽しく産後エクササイズどうよう編」。ヨガは通っていますが、有酸素運動が足りないなあと常々思っていたのと、息子を抱っこしたままできるというところで、心ひかれました。
アマゾンのレビュー曰く、赤ちゃんが寝るそうで、ますます気になってしまいました。

思いのほか(プレゼントページまで!)結構気になる記事が多く楽しめました。


つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

先週の読書

先週は時代小説ばかり読んでいました。
読むのに頭を使わず楽に読めるので、ちょっと疲れ気味のときなどつい手にとってしまいます。

輪違屋糸里 上・下/浅田次郎



お狂言師歌吉うきよ暦 、大奥二人道成寺 お狂言師歌吉うきよ暦/杉本章子




つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

役所から保育園のことで電話がかかってきました…

突然の知らない番号からの電話がかかり、いぶかりながら出てみると役所のこども課の方でした。
内容を聞くと「○○保育園に見学に行かれましたか?」と。
○○保育園とは、私が申し込んでいる私立の保育園です。
決まった日に説明会があったので、説明会に行ってアンケートに名前を書いてきましたが、個人的には見学に行っていません。そうこたえると、とにかく園に連絡を取ってください、と言われました。
私立の園は園長先生の裁量が大きいので、個人的に園長先生とお話しすることで有利になることがあると噂で聞いたことがあり、めんどくさいなあと思いつつ電話をして、園長先生とお話ししたところ、私立なので閉園時間が早いが間に合うのか、土曜日も働くようだがどうするのか、などをたずねられました。園長先生と直接お話しできましたし、お話しした感じではそれで納得されたようなので、改めて見学の予約は取っていませんが、どうなるのか不安です…。
役所の方にも、園長先生にも「決まりそうなんですか?」とダメもとで聞いてみましたが、もちろん「今調整中ですからおこたえできません」としか言われませんでした。実際まだ個人の事情を聞きつつ調整中なんだろうな〜と思います。
無事入れていますように…。


つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

バレンタイン、自分チョコの争奪に破れる

ちょっと古い上に、たいした話ではないですが、バレンタインに際し自分用のチョコ購入をもくろんでいましたが、みごとに売り切れで買えず、悲しいので記事にさせていただきます…。

まずは本命夫用のチョコレートはピエール・エルメのキャレショコラ アンパ。ビターチョコの好きな夫に、タブレット状のチョコレートです。例年は手作りしていましたが、今年は息子がいるのでむずかしく、買ってきたものをあげました。

それから義理チョコ(義理の父、夫の同僚、クリスマスにお菓子をくれた友人へ)は小樽のお菓子屋さんルタオのチョコレート。以前北海道のおみやげで貰って以来、リーズナブルなのにおいしくて、家族やお友達用に重宝しています。

そして残念ながら買えなかった自分用のチョコレートは…老舗のメゾンのチョコでもなく、有名パティシエのチョコでもなく、日本人にはおなじみメリーチョコレートのキャンディイン・チョコレートです。ホワイトチョコレートにぱちぱちはじけるキャンディ(私が子供の頃はドンパチ、と呼ばれていました)が入っているという変わり種です。
サーティワンのポッピングシャワーというアイスクリーム(ミントとホワイトチョコレートのアイスに、ホワイトチョコでつつまれたはじけるキャンディが入っています)、に入っているキャンディみたいなものかなあ、と楽しみにしていましたが、連休中に買いにいったところ、14日までの分はすべて完売ということでした。
残念でしたが、ダイエットにも節約にもなったと思えば…(涙)
以前割れチョコでお得に販売していたことがあるようなので、再販を期待したいと思います。


つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

2012年分の確定申告

例年はネット上で申告書を作成、郵送していました。ただ昨年の休眠口座の解約時にだいぶ投資信託での損失があったため分離課税分の申告もあり、はじめてなのでいまいち自信がなく、申告会場に行ってきました。
かなりの人出でしたが、「株式などの譲渡分」がよくわからないと言ったら、一番列の長い給与所得者の列でなく、自営業者などの申告の列に並ぶことになり、そんなに待ち時間はありませんでした。
自分で申告書を作成していってみてもらったんですが、懸念だった分離課税分の入力は間違いがなく、そのかわり昨年1〜3月までのみ社会保険の任意継続をしていた分の保険料を入力し忘れていること、息子のロタワクチンにかかった費用を医療費に入れていましたが、予防医療にかかるものは医療費に入れてはいけないことを指摘されました。
私は2カ所以上から受けている給与の申告、医療費控除・生命保険料控除の申告、分離課税の申告などがあり、やや複雑でしたが、となりに係の人がついて、戸惑っているとすぐ教えてくれるので、スムーズに終わりました。
出産にかかった費用は出産一時金、医療保険の保険金でほぼ補填されてしまい、あまり医療費控除は大きくありませんでしたが、昨年1〜5月までしか働いていないので、源泉徴収分からかなりの還付がありそうです。

かなり並ぶので、毎年申告会場での申告はむずかしいかもしれませんが、何年かに一度気になっていることを聞きにいってみるのはいいかもしれないなあ、と思いました。


つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

出費を抑える暮らし方。

クロワッサンの特集「出費を抑える暮らし方。」を読みました。
他の本も読んだことがある門倉多仁亜さんの記事と、林のり子さんという方の記事が気になりました。

門倉さんの記事はハーフの方だけあって、取り入れられそうなもの、そうでないものもありました。
キノコのソテーから、ベーコン、玉ねぎをあわせたり、グラタンにしたり、1つの食材を変化させて使い切る、なんて今日から実行したいくらいです。
ただ、週に2回ほど夕食をコールドミールにする、というのは、我が家は家族が揃って食事をするのが晩ご飯だけなので、ちょっとさみしいな~と思いました。まあ、日本の食事にはお刺身や冷奴、もずくや納豆などほぼそのままで食べられる食事も多いですし、暖かいものはお味噌汁とごはん、常備菜の煮物を温めたもの、というのはありかもしれないですね。

その他に
・間接照明やキャンドルでくつろぎ、部分暖房の徹底をすることで光熱費を節約
・万能洗剤とクロスで掃除し、掃除機より部分にあったブラシを使う、野菜の尻尾やレモンの皮も掃除に活用
・ファッションではベーシックなコーディネートを決め、小物でアクセントをつけることで、洋服を持ちすぎない
・電気メーターをチェックして節電、LED電球を活用
・目的別の家電はもたず、家にある道具で代用

など、いろいろなライフスタイルの本で見かける基本的なことのようでなかなか実行できていないことも書かれており、少しずつ取り入れていけたらと思います。


林のりこさんは、お子さんの離乳食にパテを作ったことがきっかけになって洋風のお総菜やさんをされている方で、食材の保存についての記事でした。

・根菜は蒸してから紙につつんで保存
・肉はオイルにつけて、酸化を防ぐ
・魚は加熱調理して、ほぐし身で保存

などの保存方法を提案されていました。
お魚は干物を食べることが多く、そういった保存の工夫は感じていなかったんですが、塩鮭なんかはほぐし身にしておくと便利そうです。
お肉は今は塩麹でした味をつけることが多いんですが、オイルも加えてみようかと思いました。
野菜の保存法に関しては、今現在オーブンでジャガイモやサツマイモを焼いておいてホイルで包んで冷蔵保存しているんですが、紙で包むと野菜が呼吸できるらしいので、ぜひ実行してみようとおもいます。

家事のうち、特に料理は子供が機嫌が悪いと思い通りにすすめられないことがあり、出産後いまだペースをつかめずにいます。
今回の雑誌の特集は「お金をかけない」ですが、物事を簡素化することで復職後の家事にも応用できそうな気がします。
小さいことから少しずつ、始めていきたいです。


つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

先週の読書

今週の読書

息子の生活のペースが落ち着いてきて、少しずつ本を読む時間ができてきました。私ごとのメモですが、週ごとに読んだ本を書きとめておきたいと思います。

後宮小説/酒見賢一
以前も読んだことがある本。
処女作と思えないような肩の抜け方で、おもしろいことをなんでもないかのように軽く書いてあるところがきっと上手なんだろうなあと思わされます。
著者は長い続きものを書いているようで(全13巻!)、未読なので、先々の楽しみになりそうです。


片目の猿/道尾秀介
直木賞を受賞した月と蟹の評判がいいので、読んでみましたが、イマイチ。一時ブームになった新本格の焼き直し未満、としか思えず。
月と蟹を読んでみようかと思います。


ダイナー/平山夢明
この人の本はこわい描写が多く、他作は読み切ることができなかったんですが(妊娠以降こわい本や暗い本が苦手になった気がします)、なぜか再チャレンジ。この本は楽しく読めました。スタイルは一見こわそうですが、正統派のラブストーリーだと思います。おいしいハンバーガーが食べたくなります。



つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

部屋とこころのシンプルな掃除

最近かじゅ☆まるさんが数冊読まれていたドミニック・ローホーさんの著書、「部屋とこころのシンプルな掃除」を読みました。



禅の心などに感銘を受け、シンプルライフを提唱されている方の著作ですので、「時間を節約しようとしないで、手間や時間をかけて1つの作業と向かい合う」など、乳児を抱えて復職予定の身には少し難しいかなあという精神論もありましたが、具体的に取り入れてきたいと思われる部分も多かったです。

・作業をルーチン化すること、とにかくものを元の場所に戻すことを心がける
・15分でできる掃除をリストアップし、まずは28日間、早起きして続けてみる
・リストは毎日すること、毎週、毎月、毎年、と頻度ごとに作る
  など…

また、具体的な清掃法については、洗剤は少しだけ、吟味したものを用いることをすすめています。
ビネガー、重曹、漂白剤は、ナチュラル掃除の方法としてよく見ますが、サボンノワールのリキッドも推奨されていました。
私は現在クエン酸を主に使って、時々重曹を併用していますが、床掃除の他、洗濯や食器洗いにも使えるようで、ちょっと気になっています。
また禅寺の掃除を例にして、マイクロファイバーと水だけでも毎日掃除を行えば十分なはず、ともかいてあり、私に現在の方法に近いな~と思いました。(ぬれたマイクロファイバークロスで水拭き、汚れの気になるところのみクエン酸水スプレーを使っています。)

最小限の掃除道具(マイクロファイバークロス、ビネガースプレー、ブラシ、ほうき、ちりとりなど)をバケツにまとめて携帯できるようにしておく、という項目もあり、スプレーボトルとクロスを小さなカゴにまとめておくといいかも、と思いました。

また、はたきがけがとても重要視されていましたが、私自身床掃除や台所の台の掃除はしても、どうしても高いところが後回しになりがちなので、興味をひかれました。
確かにはたきがけが習慣になると、大掃除の時に溜まった埃にため息をつかなくても良くなりそうです。
最近昔ながらのハタキってあまり見ない気がするんですが、どういうのがいいんでしょうね~。

・掃除の手順にロードマップを作る
(上から下へ、右回り、床は最後に)
・掃除をしながら体の動きを意識して運動に
・掃除しやすい部屋作りを心がける
( 細々した家具より大きなものを少なく持つ)

も心がけたいところです。
ちょうどかじゅ☆まるさんが記事にされていた「大人のハイハイ」取り入れていきます!

また、男性はもともと家事向きでないので、役割分担はほどほどにし、むしろ家事に対する対価を得ては、という意見もありました。
共働き主婦には耳の痛いところですが、お互いなにが向いていてなにが向いていないかはよくよく考えて行きたいところです。

全体を通して、シンプルなものを選び、ものを大切にすること、生活の動作一つ一つをていねいに、とこの著者の著作全体の根底にある基本がかかれています。
今後復職して行く中で、必ずしも毎日丁寧に過ごすといことがむずかしくなってくるかもしれませんが、なるべくならこういう気持ちを大切に、忘れたくないなあと思わされました。


つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

ベビー連れ海外旅行準備

実は息子と友人、妹達と近場ですが海外に行ってきました。
妹に良いご縁があって、もしかしたらこれからあまり頻繁に会えなくなるかもしれません。息子初の海外は夫と!と思っていたので行くかどうか迷いましたが、「育休ももうすぐ終わるし、迷っているなら行ってくれば?」と夫に言ってもらえたことが、後押ししてくれました。

旅行は大変楽しかったんですが、いろいろ迷った旅行準備。今回は2泊3日旅行に持っていったものリストを残しておきたいと思います。50cmサイズのキャリーと普段持ち歩いているバッグにおさめたので、最小限にしました。

<持って行ったもの>
パスポート
息子の服 きていった服1着、着替え1着、計2着
子供服用ハンガー1本
詰め替えボトルにエコベールデリケート
オムツ 20個
おしゃぶり、おもちゃ各1個
哺乳瓶3本、哺乳瓶洗い用スポンジ、詰め替えボトルに食器洗い洗剤
粉ミルク(明治はぐくみキューブタイプ)、調乳用ミネラルウォーター
離乳食5瓶、離乳食用スプーン
自分用衣類(ヒートテック上下2枚ずつ、セーター、ショートパンツ、タイツ、ブラカップキャミソール2枚、下着3枚、パジャマ替わりのTシャツ2枚)
旅行用サイズのシャンプー、トリートメント
化粧品お試しキット
(クレンジング、化粧水、クリーム、泡ポンプ洗顔料)
皮膚科外用薬、痛み止め、整腸剤
メイク用品
フェイスタオル3枚、ドライヤー、iPad

・1日目に着ていった服はお風呂で洗濯、2日目は持っていった着替えを着、3日目は洗濯済みの1日目の服をきました。このため持って行った服は少なめだと思います。
・息子は授乳が1日4回なので、哺乳瓶は3本も必要ありませんでした。早朝、お昼、夕、深夜の4回の授乳のうち、外に出ているのはだいたい昼、夕くらいなので、夕方ホテルに戻って洗えば、2本で十分だったと思います。ミネラルウォーターも持参しましたが、日本でなじみのあるエビアンなどがホテルのすぐちかくで買えました。
・旅行用の化粧品は花王キュレルのトライアルキットを愛用しています。
泡ポンプの洗顔料をボディーソープがわりに使うとちょうど3日間で使い切ることができます。また泡立てネット不要で、石鹸が海外の水で泡立ちにくい、ということもないので便利です。
・離乳食、オムツ、粉ミルク、旅行用化粧品、洗剤は使ったぶん減り、また下着、Tシャツはもともと不要になったものを持っていって、現地で処分してきました。空いたスペースに買ったものをいれて帰ってきました。
ほぼ無駄のない準備だったと自負していますが(笑)、オムツは20個もいらなかったかな~と思います。割りと都市部へ行ったので、現地で買い足しもできたと思います。
・飛行機ではベビーフードをリクエストしましたが、7ヶ月からのもので、持って帰ることにしました。最近は2回食になり、市販のベビーフードなら1度に1瓶食べるほどで、離乳食を抜くと途中でお腹が空いてしまうので、少し多めに持っていって助かりました。
・ドライヤーは、ホテルによくある風圧の弱いものがどうしても好きになれずいつも使っているパナソニックのドライヤーを持参しました。これは大きくて重いんですが、洗濯ものが生乾きの時に乾かすのにも使えてとっても重宝しました。

息子が飛行機で泣き止まなかったらどうしよう、と心配でしたが、エルゴで抱っこして、おしゃぶりをくわえさせていたらうとうとしてきて、途中もバシネットでお昼寝してくれました。着陸時のみ、気圧の変化で5分ほどぐずりましたが、まずまず上機嫌でした。
ホテルでのお風呂・寝かしつけも、息子をお風呂にいれる、寝かしつけ、洗濯、哺乳瓶洗い、自分が入浴、という手順で行ったところ、1人でもスムーズにできました。
わが家は息子が比較的場所見知りもなく、こだわりの少ない子なので、楽をさせてもらっています。
それでも妹や友人に助けてもらってなんとか乗り切れた感じです。(荷物をといている間にベビーフードを食べさせてもらう、など)
もともと1人旅が好きで、結婚後もときどきふらっと出かけていましたが、息子との2人旅はまだちょっと難しいことがわかり、勉強になりました。
また旅行から帰って、次の日から連日で仕事、とむちゃをしたせいか、数日後にインフルエンザになってしまい夫に迷惑をかけたので、無理のないスケジュールは重要だと反省しました。怒らず「旅行にいけて良かったんだから」と言ってくれた夫には本当に、感謝しています。
まあ、残り少ない育児休暇、妹や大切な友人との旅行、とっても楽しかったので悔いなしです!


つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

楽天お買い物マラソンに参加

4店、3ジャンルと不完全ながら楽天お買い物マラソンに初参加してみました。
以前から使っているものが壊れてしまったための買い替え、普段購入しているものの購入のみですが…今月の日用品費は予算を超えてしまいそうです

毛玉取りブラシ
以前使っていたものを、家の中から持ち出していないのになぜか紛失してしまい探すこと約2ヶ月。
洗濯機の裏あたりがあやしそうですが、どうしても見つからないので、購入しました。



イワキ茶こし付きサーバー
水出しのだしをとるのに、茶こし付きの水筒を使っていたんですが、うっかりコンロ脇に置いてだめにしてしまったので(耐熱プラスチック製でした)、今回はこちらを購入。1000円以下だったので、石けんも一緒に買いました。こういうところで、買いすぎてしまうのかも…。



マイクロファイバークロス
掃除用に購入。近所のお店では、ピンクや青やカラフルなものしか見つからず、白いものが欲しかったので購入。送料の分高くついているかも…。



サプリメント
5月までの消費期限のものがかなり割引されていたので、5月までに飲みきれる分をまとめ買いしてしまいました。



たぶん、お買い物マラソンで買わなくてもどこかで買っているものばかりだとは思いますが、マイクロファイバークロスは近所のお店で買うより送料分高くついています。でもあんまりカラフルなふきんとか、目につくところにおきたくなかったのでしかたないです。
おだし用のサーバーは、かなり値引きされていますが、送料入れたら近くのデパートで買ってもとんとんだったかもしれません。そう考えるとお買い物マラソンでポイントついても得かどうかは微妙です。
サプリメント、毛玉とりは近くの実店舗で取り扱っていないので、楽天かアマゾンで購入することになるので、この機会に買えてよかったと思います。
総括すると、そうお得かどうかはわかりませんがなかなか買うふんぎりがつかなかったものを買うことができてよかったかもしれません。


つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

息子日用品費の内訳

大人用日用品費は予算内におさまったんですが、今回息子用の日用品費が大幅に予算超過でした。

内訳は…
 哺乳瓶用乳首Lサイズ
 哺乳瓶2本
 (160mLサイズでは足りなくなったため)
 ゴミ箱用カセット
 おむつ1パック
 おしゃぶり、おしゃぶりホルダー、調乳用ミネラルウォーター
 (旅行用)
 バニーズバイザベイの安心毛布
 シンガマジックのぬいぐるみ
 汁碗


・上から4項目、おむつまでは必需品です。
・旅行用に買い足したもの(アンダーライン)は、旅行に行かなければ不要ですが、まあ今回はしかたないかなーというもの。
・下3つ(赤字、アンダーライン)は必要なかったけれど欲しかったので買ったもの、です。
 これが1万円弱だったので、これがなければ、半額ですんだんですが…でもどれも気に入っているんですよね〜(開き直り)。必需品ではないけれど、遊びの部分、も予算立てするべきでしょうか…?それとも自分のお小遣いから…?
他のご家庭ではどうされているのか、大変気になります。


つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

2013年1月の家計

<支出>
一般会計:221,113円
 食費 合計¥61,785
 食材    ¥29,384
 外食    ¥20,142
 息子ミルク ¥12,259

 おこづかい 合計¥34,251
 美容費   ¥18,461
 おやつ   ¥10,047
 交際費   ¥3,244
 図書費   ¥2,499

 雑費 合計¥65,878
 日用品   ¥9,139
 息子日用品 ¥18,351
 交通費   ¥2,000
 交際費   ¥20,612
 行楽費   ¥5,381
 スキンケア ¥10,395

 固定費 合計¥59,199
 車関連   ¥33,760
 携帯    ¥8,049
 保険    ¥17,390

服飾費:54,781円(上半期残135,219円)

合計:275,894円


<収入>
保険料払戻   ¥12,820
給与      ¥219,300
リサイクル   ¥8,700
育児休業給付金 ¥429,300
父こづかい   ¥100,000
合計:770,120円


支出計:27万5894円
収入計:77万0120円
差引:+49万4226円

資産残高:1662万3656円
前月末残高:1580万9559円
差引:+81万4097円

・カードの支払額がまだはっきりしないため、来月に合算しますが、旅行に行ったので旅費がかかりました。
・息子の日用品を旅行に持っていくように少し買い足したので、息子日用品費が高めです。
・同じく息子ミルク代は、明治のはぐくみキューブタイプを買い足したので高めです。
・今月から保険料が減りました!これはうれしいです


つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

日用品の内訳

一応1月1万2千円の予算を組んでおいた1月の日用品費でしたが、結果は9,139円!と無事目標達成できました。
今まで靴下、タイツなどの日用品に近い服飾費や、スキンケアなどを分類するのがめんどうで、日用品に入れていたことにも気づきました…。
ただ今月は(後日記事にしようとは思っていますが)、ちょっと旅行をしたので、そのために息子用日用品をいろいろ買ったので、息子用の日用品が高めとなってしまいました。

内訳は…
 スプーン、おたま
 (木のものを探していて理想通りの大きさ・かたちのものを見つけたので購入)
 レンジフードカバー
 洗濯用洗剤3つ
 洗濯槽クリーナー
 切手(余った年賀はがきを切手に交換した手数料)
 アイマスク2箱
 ゴム手袋2つ
 生理用品
 トイレットペーパー
 シャット流せるトイレブラシ
 ジップロック
 ラップ

・基本的にはそんなに無駄遣いしていないかなあ、と思います。
・我が家、私がアトピーでダニ・ほこりにうるさいので、枕カバー・布団・シーツなどの洗濯の頻度が非常に多く、洗濯用洗剤の消費が多めなんですが、水での丸洗い目的ならそんなに洗剤使わなくてもいいかも…?とは思いました。
・ゴム手袋は破れたら交換なんですが、うっかり包丁で切ってしまうことが続き、2個も購入することになってしまいました。日常のうっかり度が反映されています。
・トイレブラシは使い捨てでないものにした方がいいのかもしれませんが、どうしても清潔でない気がして、使い捨てのものを使っています。月水金と週3回の掃除で、月1袋くらい使います。
・洗濯機は月1回洗濯槽クリーナーでの掃除をしています。
 (一度乾燥がうまくできなくなって、メーカーの方に見ていただいたら、ほこりの貯まり過ぎだったようで、やはり月1回位はクリーナーでの掃除を推奨されてしまいました

なんとか目標達成できましたが、これからも気を緩めず来月も内訳チェックしていきたいと思います。


つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

修正版2013年上半期予算

2012年末に2013年の家計目標を立てましたが、いくつか予定が狂ってしまったので、修正したいと思います。

<2013年家計の目標>
一般会計   1ヶ月あたり    (6ヶ月合計)
食費     6万円       (36万円)
おこづかい  3.5万円      (21万円)(服飾費のぞく)
雑費     5万円       (30万円)
固定費    10万円      (60万円)

合計     24.5万円    (147万円)

服飾費    半期で自分15万円、息子4万円、合計19万円
特別費    半期で60万円
 (内訳)
 仕事関連       13万円
 旅行費        12万円
 住民税        13万円
 結婚式        9万円
 ベビーシート買い替え 3万円
 予備費        10万円

実は、大変楽しみにしていた古い友人2人の結婚式がかぶってしまって、先に決定した片方の友人の式しか出られなくなってしまったんです。何年も楽しみにしていた友人の式なので、出席できないなんて、考えたこともなかったんですが、こういうことはご縁なんですね
もう1人の友人にはお祝いのみ送るつもりです。余った予算は予備費へ移動しました。
また、息子の服飾費を予算にいれ忘れていたので、追加しました。


つたないブログですが、もし良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
プロフィール

チッチョ

Author:チッチョ
30代半ばのチッチョと、40歳の夫、2012年夏に生まれた息子の三人暮らし。4月半ばから仕事復帰でばたばたしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。